さあ、通過点は過ぎました。

県立入試を終え、自己採点に挑んだ塾生たち。自己採点をして、自分の結果を知ることはとても怖いことなのだが、そこを逃げないであえて挑むきみたちは、本当に素晴らしいと思う。
県立入試を終え、自己採点に挑んだ塾生たち。自己採点をして、自分の結果を知ることはとても怖いことなのだが、そこを逃げないであえて挑むきみたちは、本当に素晴らしいと思う。

今日は県立入試の当日。

 

中3はお疲れのところですが、今日はあえて教室に呼んで、自己採点をさせてみました。

 

毎年やっていることなのですが、

 

自分のやってきたことは、それが必ず結果となって表れます。ですから、それをしっかりと受け止め

てほしいのです。もし、「うわ~、できない~」とか言って、泣き出したり、逃げだしたりしてしまうと、それって、自分を否定することになってしまうと思うんです。自分がやった結果なんだから、できてもできなくても堂々としていてほしい。

 

しっかりやってきたとしても、やってこなかったとしても、出た結果をしっかりと受け止めて、今後の生活にいかしてもらいたいのです。

 

そういった理由で、僕は自己採点をやらせています。

 

今まで実力テストでよくできていた子でも、本番はどうなるかわかりません。

本番だけできる子、本番だけできない子、様々な子がいます。

しっかりと自己採点をして自分を見つめ、明日からまた、しっかりと行動をしていってほしいと思います。

 

河原塾超も言ってましたが、受験は単なる通過点です。

もし、県立受験が失敗したとしても、次の道は必ず用意されています。私立に行くか、2次募集を受けるのか、それが決まるだけです。不合格でも死にやしないのです!

 

 

今日の自己採点でどんなことを感じたのかは、下の感想を読んでみてください。

明日からの、この子たちの行動が楽しみにしています。

 

 

受験にゴールなんてないんです。

 

ネットの解答速報をもとに、自己採点をしていきます。自分の結果を知ることは本当に怖いことですが、そこをあえて自分の結果に対し、真剣に向き合わせます。それが次につながる大きな経験値となるのです。
ネットの解答速報をもとに、自己採点をしていきます。自分の結果を知ることは本当に怖いことですが、そこをあえて自分の結果に対し、真剣に向き合わせます。それが次につながる大きな経験値となるのです。