県立直前・ラストスパートゼミ4日目LFまとめ

ラストスパートゼミ4日目。場所を教室に移す。

 

まずは、社会の予想模試をやって、解説授業で語句の最終確認。

 

社会・理科のような、いわゆる暗記科目は、ただ暗記するだけではだめで、

実際のテストで、覚えた語句が使えないようでは意味がない。

 

この解説授業は、本校・全国の河原塾の受験生にも、ビデオで共有。


それから、LF(忘れ物リスト)のまとめに専念。

 

今までまちがった問題をためてきたLFを確認・確認・確認!

 

こうやって、河原塾の塾生たちは、受験本番でミスをしないようにするのだ。


こうして、覚え切ったリストは、リスト捨て場へと捨てられる。

 

リスト捨て場の残骸がどんどん増えていく。

 

これは、塾生たちが、今までミスして間違えたところが克服できた証拠だ。

 

この残骸を見て、後輩たちも、同じようなリストが作れるようになる。


この日は最後に、入試2日前の今の気持ちを作文に書いてもらった。

 

子供たちは、自信もあれば、不安もある。初めての試練。不安の方が大きいかもしれない。

 

こういった文章にすることで、今の気持ちを客観的に見ることができ、少しは冷静になれたと思います。

 

いくつか作文を紹介します。

 

明日は、ラストスパートゼミ最終日。LF最終確認です。