塾長の旅 3日目

塾長の旅、3日目。 最終日。

 

今日はお目当てのペリーに会いに行くのだが、朝から外はあいにくの雨。

 

仕方なくコンビニで傘を買って、ペリーロードに向かった。

 

すると、どうだ!塾長が、ペリーロードに行くにつれて、雨がだんだんやむではないか!

 

そして、ペリーロードに着いた時には、雨がすっかり上がって、晴れ間が出てきた!

 

コンビニでレジの兄ちゃんが言っていた。今日の下田は1日雨だって。

 

それをひっくり返す、晴れ男の塾長なのであった。

 

わざわざ遠くまで行ったかいがありました。

 

来年は、何を見に行こうか。本当に、勉強はワクワク感を与えてくれる。 

 

 

PS

どうして、下田でペリーを見たいと思ったのかというと。

 

鎖国をしていた日本は、日米和親条約によって、下田と函館を開港。そして、開国。

 

これをきかっけに、多くの欧米人が日本に来ることになる。

 

つまり、この事実がなければ、今の日本はあり得ないのだ。

 

だから、この事実を一目見ようと、下田まで行ったのである。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    塾超 (日曜日, 12 8月 2012 12:53)

    前鬼塾長

    素敵な日々を過ごされていますね。
    歴史は、こうして身を持って、場を感じなければ、生徒たちに伝えることも出来ませんからね。大塾のみんなは幸せですね。