やっぱり少ないって嬉しいですね。

新年度のつぶやきです。

 

 

2012年の授業が始まりました。

 

今、ちょっと嬉しい時期になっています。

 

 

その理由は…、

 

 

中学部が、とても少なくなってすっきりして教えやすいということ。

 

  

春期からの「中学部の生徒」が、少ないから嬉しいのです!!

 

 

そう、少ないから嬉しいのです。

 

 

生徒が少なくて、「寂しい」ではなく、「うれしい」のです。

 

 

教える時に、生徒が多いと、どうしても一人あたりの時間が減り、

 

 

いかに個人指導と言えども、「私が直接みる」時間が減ってしまうのです。

 

 

また、それ以上に教えている方の頭の中も、新しい指導のアイディアなどに乏しくなってきます。

 

かと言って、今から育てる中学生を、人(バイトなど)に任すことは出来ません。

 

 

これはとても大切なことだと思うのです。

 

 

こんな事は、普通、塾をやっている先生は、口が裂けても、言わないのでしょうが、私は、どうしても子供側になってしまうのです。

 

 

ひとりひとりしっかりと、顔を見て対応出来て、その子が、私から指導を受けて、どういうふうに思ったか、何を考えているか、分かったフリなのか、本当に理解したのか・・・・

 

 

私には全部わかります。

 

 

でも、私の力量では、せいぜいひとりで、10〜15人くらいまでです。

 

 

ですから、私は1クラスの定員を決めているのです。 クラスによっても違いますが、感覚的に、、

 

 

「あ、このクラスは、そろそろいっぱいだな・・・」 とわかるのです。

 

 

その時はすぐに”締め切り”ます。

 

 

大手の塾はもちろんですが、経営的に、ほとんどの塾が人数に走ってしまうのですが、私はなぜか違うのです。

 

 

”少ないのが本当に好き”なのです。

 

 

きっと自分の理想の指導がすぐに実行出来て、思い通りに出来るからなのでしょう。

 

 

子どもひとりひとりを、本当に考えれば、きっと私以上に、子供の立場になって考えている人って、あまりいないのではないかと勝手に思っています。笑

 

 

なので、塾生は幸せかもしれません。

 

 

子供ひとりひとりが、

 

「僕(私)は、この塾にきていて、すごく得をしている。」 と思ってくれれば、最高です。

 

 

今年度もよろしくお願いいたします。