志望校合格を手にした保護者様の声

河原塾に入塾して何が一番良かったかと言うと、本当に強くなったことです。(2019年3月)

 

河原塾に入塾して何が一番良かったかと言うと、本当に強くなったことです。

塾に通えば、学力に関しては上がると思いますが(そうでなければ塾に通う意味がないので)、このメンタルの強化、マインドセット、他の塾では全く身につかないことです。

 

“受験はメンタル” 河原塾が掲げてる言葉ですが、本当にその通りだと思います。親子で身をもって体験しました。

 

子供は勉強に集中する=親はただ放っておく(見守る)  

家庭内でこの図式を実現するのはかなり困難だと思います。

 

「そんなに勉強しなくてもいいんじゃない?」  

「親が言うセリフか?」

 

受験期に幾度となく繰り返した親子の会話でした。

河原総長の親子へのマインドセットのおかげで、高校三年間は双方で精神的に安定した時間を過ごすことが出来ました。

 

他人に依存することも、不平不満を言うことも、言い訳をすることもありませんでした。これは、長年、総長や校長からのマインドセットで、常にどうあるべきかということを、学んでいたからだと思います。

 

朝起きて、勉強をして、食品添加物から始まり、食べ物も生活態度もすっかり変わりました。完全なるKJ生です。

 

いいと言われたことはすぐに実行していました。突然のチーンに、姿勢を正して目

をつむる、傍から見たら、本当に宗教団体か?と思うかもしれませんね。

 

反面、学校の授業もキチンと受けてました。課題も全てこなしました。部活も頑張っていました。学級委員もやっていました。

受験では、総長がおっしゃる不良にはなれませんでした。

心の中の葛藤はかなりのものだったと推測しています。

そんなとき、前鬼校長のいい意味でゆるい穏やかな応対に救われたのだと思います。

 

今回の受験で、「いい意味でも悪い意味でも自分の立ち位置がわかった」

といった一言が最も印象に残っています。

 

受験は本当に通過点で、子供がこれからどんなふうに成長していくのか、どのような道のりを歩んでいくの楽しみです。

うちは卒塾になりますが、今も朝学をつけ勉強を続けている傍らで、私自身もマインドセットしております

 

最後に、高校受験を終えたお子さんと親御さんにお伝えしたいのですが、出来るだけ高校部に在籍することをお勧めします。

 

大人に向かう過程で、高校の三年間は精神的な成長が大きい時期です。行動範囲も、交友関係も広がるうえ、時間の自由もあります。

大人と同等に意見の主張もします。ですが、まだまだ子供です。

 

進学校では授業や課題に追われる毎日です。肉体的、精神的にも辛い時期もあります。

そんな中、良いメンターの存在は本当に貴重です。

塾に行ったり、朝学の放送を聞いたりすることで、気持ちをリセット出来ました。

信頼できる大人や良きローモデルが多く存在することは、子供にとっても親にとっても、大変ありがたい環境です。

 

河原総長、前鬼校長、けいチューター、西茨城のチューターのみなさんから、たくさんのアドバイス、励ましの言葉を頂きました。

そして他校の先輩や同年代の生徒たちが頑張っている姿はとても刺激になり、最後までモチベーションを保つ事ができました。今もそうです。

 

言いたいことはたくさんありますが、長くなってしまいそうなのでこのへんで止めておきます。

 

 

長い間大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

●KJを知らなかったら…と考えるとゾッとします。(2019年3月)

 

高校受験の感想です。


今、思うと…あっという間に通過点を過ぎました。
KJの影響力が大きく言われた通りに生活をしました。食事も自分で気をつかいながら食べ、言われた通りに用意をするだけでした。


毎日、野菜、肉、魚のバランスを考えどちらも食べられるように食卓に出しました。(食費は、かかりました。笑笑)


おやつも、水、カカオ70%チョコ、ナッツと校長の言われた通りに摂取しました。
これは、ビックリでした~。
ジュース類は、禁で…


それが楽しいと言う姿に見ていて、こんなに影響力が大きいのかと…。
良いというものをすべて買い(笑)バランスボールでの勉強も驚くばかりでした。


起きられなかった朝も、一人で起きられるようになりこれもまた、感心しました。
人間、いざとなれば何でもできるんだと思います。
それまでは、やはり言い訳をしていただけなんですね。


校長に言われたことをコピー用紙に書き、机の上はもちろん、壁と天井にはりマインドセットをしていました。

親としてできることは、食事だけでした。
風邪やインフルエンザにならなかったのは、生活習慣が大切だと実感しました。
受験当日、元気いっぱいに送り出せたことで安堵しました。何よりです。

校長のお陰で安心して受験をむかえられ感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました❗
KJを知らなかったら…と考えるとゾッとします。
総長の四国お寺への合格祈願もありがとうございました。

受験が終わったらギターをやりたいという約束でお祝い金で買うかもしれません。 
ここで終わりではないので、ここからがスタートとして継続していきたきと思います。

 

勉強のやり方すら分からなかった、娘が河原塾での学んだ事が身に付き自信がつきました。(2019年3月)

 

高校合格する事が出来て、本当にありがとうございました。初めての受験で親の私も毎日ピリピリする毎日でした。本人が一番緊張していたのだと、思います。
勉強のやり方すら分からなかった、娘が河原塾での学んだ事が身に付き自信がつきました。これからも、学んだ事は継続して勉強を続けていきたいと思います。
ありがとうございました。

 

●なかなか勉強が好きになれず、信頼できる先生に出会えずにいました。

(2018年3月)

 

幼稚園から公文や家庭教師の先生方にお世話になってきましたが、なかなか勉強がすきになれず、信頼できる先生に出会えずにいました。

やっと信頼できる先生(校長)に出会え、どんなに支えていただいたかわかりません。たくさんご迷惑おかけしたのにもかかわらず、見捨てずいてくれた校長に感謝しかありません。
勉強面だけではなく、人間性や生活面でも育てていただき、野菜嫌いも克服できました。

本人が自信をなくして不安でいた時も、
親のわたしが話をしても前向きになれずにいましたが、なにげない校長の一言一言が本人の緊張をほぐし、気持ちを切り替えることが自然とできていったのです。


笑顔になる息子をみて、どれほど救われたかわかりません。
無事に志望校に合格することができました。
ほんとに感謝の気持ちでいっぱいです。

本人だけではなく、母親である私も助けていただきました。
がん闘病の父と92歳になる1人暮しの祖母をみていたので、息子には最適な環境を整えてあげられなかったのです。我が家にとってはとても有り難かったです。

校長には本当に頼りきってしまい、何から何までお世話になりました。ありがとうございました。

 

 

もっと早く出会えてれば、結果はもっと違ったのではないかと思います。

(2018年3月)

 

今までうちの子は生活が乱れすぎていて、部活から帰って来るとお腹を満たし、そのまま寝てしまって、酷い時は朝まで寝てしまい、朝シャワーを浴びる、または夜中に起きて宿題をやるなど、酷い生活習慣でしたが、KJに入ってからは朝学のために早く起きるようになり、朝早く起きるので夜も早く寝るようになり、普通の子と同じ生活になったことが何より嬉しかったです。

 

休みの日も、校長にメールで学習指導をしていただき、本当に有り難かったです。

 

今まで色々な塾や家庭教師を経験させてきましたが、生活習慣や休みの日までご指導してくださる所はありません。うちの子がKJに入塾したのは中3の夏でしたが、もっと早く出会えてれば、結果はもっと違ったのではないかと思います。


これからも、うちの子みたいな子を沢山救ってあげてください。