StudyGym NISHIBA

 

(スタディジム にしば)

 

*NISHIBA「にしば」は、西茨城校「にしいばらきこう」を省略した名称です。

 

 


StudyGym NISHIBA(河原塾西茨城校)

 

TEL 0120-359-519

 

メール  nishiibaraki@kawahara-juku.com

 

所在地

茨城県結城市結城344吉田ビル1F

 

結城駅北口徒歩5分、スーパーうおとみ結城店様近く

 

 

こちらのフォームからもお問い合わせができます。

 

問い合わせフォーム

 

1.「勉強」 1コマ50分
指導歴30年のKJ学習法が確立されています。わからない箇所があったら、すぐにその場で、校長やチューターに質問して解決させます。また、本校とはネット環境でつながっていて、河原総長の授業や受験マインドセット(物事の考え方・とらえ方)講義を共有し、本校とリアルタイムで連携しながら、さまざまなツールを用いて最高品位の勉強が出来ます。
2.「マインドフルネス(呼吸法)」* 60分毎2分 
KJではPSMという学習法で指導しますが、その中でとても重要なのがこのマインドフルネス(呼吸法)です。
今や世界中の一流企業でも取り入れられているマインドフルネス(呼吸法)を、河原総長の指導の元、子どもたちにわかりやすく教え、そして学習の合間に上手に組み込むことによって、脳にとって大きな効果が得られます。これは、そのまま受験本番への大きな武器となります。
 (*河原塾は、いかなる宗教団体とも一切関係はありません。)
3.「運動(ウォーキング)」3時間毎5,6分

 

人間の集中力は30分が限界です。それを長時間やるにはマインドフルネスと共に軽運動が必要です。肉体と脳は密接な連携があり、運動によって頭脳がより活性化します。教室ではウォーキングマシーンで5~10分のウォーキングを行うことで脳はリフレッシュされ、また次の勉強にもつながっていきます。また、強い眠気があったときも、ウォーキングによって集中力を復活させることができます。

 

StudyGym NISHIBAでは、本校・河原総長の指導の元、これら3つを科学的に組合せ、現代の教育に必須の指導を、ワンフロアーで展開しています。

 

生徒は勉強しながら長時間、無理なくじっくりとスタディジムで過ごし、脳を強化させ、学力を大きく上げることが出来ます。

 

 

各エリア紹介

メディテーションルーム

 希望者は、授業中の呼吸法の他に、本格的に集中力をつけるために、河原総長および校長の指導の元、このメディテーションエリアを使用することができます。(1プラクティス10~20分)

 

 

生徒は勉強しながら長時間、無理なくじっくりとスタディジムで過ごし、脳を強化させ、学力を大きく上げることが出来ます。

 

 

Googleやアップルなど、世界の超一流企業もメディテーションルームを取り入れているのは有名な話です。脳に及ぼす素晴らしい効果は、もう誰もが知っていることでしょう。

 

 

ウォーキングエリア

ウォーキングマシーンを使っての軽運動をすることにより、脳をさらに、生き生きとさせます。眠気が出たり、集中が切れたらすぐにここに来て、10分間プログラムに従って歩いてみます。

驚くほどシャッキっとして、その後の勉強のパフォーマンスがまったく変わります。

 

スタンディングデスクエリア

●スタンディング・スタディ

立って勉強することが科学的に良いことが証明されています。ジムでは積極的に取り入れ、大きな効果を上げています。

脳の効率を最高にする立っての勉強。

 

立つと座るの繰り返しによって、脳機能の最大効果を狙っています。

 

バランスボール学習

KJではスタンディングデスクやバランスボールも積極的に取り入れ、勉強する環境を最大限に上げる仕組みを構築しています。

 

バランスボールで勉強すると、体のバランスをとりながらの学習なので、ボーっとしたり、眠くなったりはしません。

 

これらの学習は、学力が高いと言われているスウェーデンの学校で取り入れられています。